先輩社員インタビュー

 

 

 

 

濱田 翔平
2016年6月入社

 

営業部設計課に所属しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トウテックに入社した決め手は?

 

前職は九州で福祉関係の仕事をしていました。仕事の内容は障害がある方の就職支援活動です。

 

東京に引っ越すことになり、仕事を探している時にトウテックを見つけました。
もともと、大学が技術関係だったので、技術系の職業には興味があったのでいいなと思いました。

 

何よりも、未経験歓迎でサポートがしっかりしているところに惹かれましたね。

 

今の設計職も、お客様の要望にお応えするために東京電力にかけあったりしているので、架け橋的な意味で言うと、前職と似ているかもしれないです。

 

 

 

仕事内容について教えてください!

 

最初は先輩と2、3件現場調査に行きました。
現場調査というのは、お客様の店舗計画予定地に実際に行き、送電可能か調査する事です。

 

次第に一人でも任せてもらえるようになり、「成長のスピード」というのは速いと感じます。
自分で担当するようになり、わからない壁にぶつかったときはまずは自力で調べてから先輩に相談しています。

 

電気の申請等、お客様の要望に対し、要望通りに進められたときはやりがいを感じます。

 

 

 

 

職場の環境はどうですか?

 

職場の同僚や先輩とはよく飲みにいきます。仕事のことからプライベートのことまで、ざっくばらんに話せることが楽しいです。

 

一人一人が自立しているように感じるので、割と自由にはやらせてもらえていると思います。
しかし、自由な半面、自分の判断力が大切になってくるのでプレッシャーを感じることもあります。

 

やはり、更地の状態から実際に店舗が出来上がるまでに携わるので、重みはあります。

 

困った時は、部署の垣根を越えて先輩に相談する事もしばしばあります。技術力や知識がある先輩がいるので頼もしいです。

 

 

 

 

これからの目標を教えてください!

 

今仕事をしている上で、知識的な面でも技術的な面でも、
「自分がもう少しわかっていたらもっと仕事の幅が広がるのにな」と思う事があります。

 

例えば、工事の終了時に不具合がないか確認する竣工検査も、今は工事担当の社員が行っているのですが、
もし自分ができたら工事担当の負担も減らす事ができるなあと思うことがあります。

 

先輩たちは他の業者の内容も知っているので、実際の現場の工程や電気にどう関わってくるのかわかった上で仕事をしています。
私も、施工の知識や技術力をもっと身につけて、仕事の幅を広げつつお客様の期待に答えられるよう、頑張ります!