先輩社員インタビュー

 

 

 

 

森 健太郎
2014年新卒入社

 

営業部営業課に所属しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トウテックに入社した決め手は?

 

トウテックには2014年に新卒で入社しました。

 

就活中にマイナビを見ていたとき、トウテックを見つけて、電気工事が楽しそうだと思いました。
電気については全く勉強をしたことがなかったのですが、未経験でも募集をしていたことと、
長く続いている会社だったので安定していそうだと思ったのが入社したきっかけです。

 

 

 

 

仕事内容について教えてください!

 

もともと営業志望でしたが、まず初めに工事を学ぶ工事部研修があり、
研修が終わった後も工事部に所属し、2年間ベテラン先輩社員のもとで工事をしていました。

 

現場担当を任されるようになり始めた頃、営業部に配属となりました。
自分が工事のことををわかっていないと営業の仕事もできないので、
工事部にいた2年間はとても良い経験になり、工事部での経験が今でも糧となっています。

 

営業の仕事はその現場に電気を引き込むための準備だと思っています。
予算を組んだりもしますが、電気を流すための設備を整えるという意識を持って仕事をしています。

 

 

 

 

 

 

職場の環境はどうですか?

 

部下を持ち、教えたり指導することも多くなってきましたが、正直難しいです。
自分が教えたことにより、部下が成長しているなあと実感できると嬉しいです。

 

営業は1人1つの現場を担当することが多いので、担当した現場は自分がしっかりと把握している必要があります。
自分自身で成長するぞ!という意欲がなければ務まらないと思います。

 

わからないことは同じ部署の上司や工事部の先輩にも聞きます。高い技術力を持っている上司がいるのでとても頼りになります。

 

電気工事は職人の世界なので自分の目で見て盗む、
そして自分から興味を持って学んでいくことも大切だと思います。

 

 

 

 

これからの目標を教えてください!

 

お客様は既存の取引先がほとんどです。
以前にトウテックで行った工事が評価されて、再び仕事の依頼を頂いているので、
営業の仕事をする上でお客様との信頼関係を1番大切にしています。

 

ちょっとした提案でも引き受けるように心掛けていたら、
お客様の方から話して頂けることが多くなり、自分自身も成長できているのかなと感じます。

 

しかし、営業なので売り上げや、利益という数字はついてまわります。
自分の行っていることが必ずしも利益に結びつくとは限らないので、
そこはしっかり考えながら自分の仕事を最後まで行っていきたいです。

 

お店をオープンするとなったときに『電気がないせいでオープンができない』
とういことが必ずないようにする、ということが仕事をする上でのモットーです。