先輩社員の声(営業・菊地健太)

先輩社員インタビュー

菊地 健太
2016年中途入社
営業部営業課に所属しています。

トウテックに入社した決め手は?

トウテックに中途で入社して3年目になりました。
以前は、食品製造工場に勤めていました。
人と接する仕事に就き、やりがいを感じたいと思っていました。
転職活動中に他社からも内定をもらっていましたが、
社長と話す機会があり、印象が良く他社よりも魅力を感じました。
また、「神は細部に宿る」という経営理念にも共感し入社を決めました。
子供がいるので歴史もあり、安定した企業という所も決めてになりました。

仕事内容について教えてください!

入社後はジョブローテーションがあり、その後半年ほど工事部で研修を行いました。
自分の担当現場を持つことを目標に先輩社員と同行しながら知識や経験を身に付けていきます。
工事部ではスーパーの施工を行い、電気工事の大変さを学びました。
そこで原価や人工(人件費)などコストについて意識をするようになりました。
営業部へ配属後にどういった材料を使って、どんな業者がいて、どのように進めていくのか…
という事をイメージするのに苦戦しました。
初めの方は先輩にも教えてもらいながら、なんとかコンビニの営業担当をすることが出来ました。
工事部に自分が現場調査に行った情報を伝えなければいけませんが
見落としがあり、叱られることも多々ありました。
上司のフォローや歳の近い先輩、同期がいたから乗り越えられたなと思います。

これまでに自分が経験したことのない現場をお客様のご要望に沿って提案ができたときは
やりがいを感じます。
お客様から「さすがトウテックですね。」と言って頂けたときは嬉しかったですね。
もちろん、期日までに終わらせることは当たり前ですが、
当たり前のことをしっかりやっていくことが大切だと感じています。
自分の力だけでなく、営業、設計、工事とそれぞれが協力をして1つの物件を作り上げるので
技術を持っている工事部、設計に対してすごいなと日々感じます。

職場の環境はどうですか?

金曜日の夜に皆で飲みに行くことが多いです。
仕事の話もしますが、プライベートの話もします。
営業という仕事なので、もちろん売上や数字は意識します。
会社には同世代が多く、気軽に話せる仲間であり、良い刺激をくれるライバルでもあります。
個々の目標を達成させることも大事ですが、それぞれが知識や経験を身に付け
結果として会社の売上目標が達成できれば良いなと思います。

また、最近はベテランの上司とペアになりチーム体制で仕事を進めているので
困ったときには相談もしやすく、より仕事が楽しくなりました。

これからの目標を教えてください!

待っているだけでは始まらないなと思います。
とにかく、自分の役割を果たしていきたいです。
自分はまだ新人の立場だと思っていましたが
若い世代が入社し、自分が教える立場にならなければいけません。
自分自身、営業としての役割を掴むことやお客様との関係を築くことに苦戦したので
後輩には早く成長できるように教えていかなければいけないなと感じています。
今はコンビニを担当していますが、少し規模の大きい物件にもチャレンジしていきたいです。
当たり前のことではありますが、『期限は絶対に守る』ということは自分の中で大事にしています。
お客様との信用に・信頼に関わることなので分からないことでも逃げずに挑み、
これからも成長していきたいです!